ケースなど溶接後に内部の機械加工ができない構造物は、設計者と打ち合わせして機械加工を終わらせてから製缶します。その場合、入熱量や溶接順序に注意しないと歪んでしまい大変なことになるので作業時とても緊張します